上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘)
肘の痛み


上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘)とは、使い痛みによって肘の内側が痛くなる疾患です。




なぜこんなことが起こるのですか?





上腕骨外側上顆炎(テニス肘)に比べると、発生頻度は比較的低いといわれています。

その理由として、伸筋群(手首を反らす)の筋肉が屈筋群(手首を内側に曲げる)より弱いため、
過度のストレスに対する耐久力が弱いためと考えられています。



どんな病態ですか?



前腕回内屈筋群付着部の変性変化です。



手の頻回使用により、屈筋群に慢性の外的刺激が加わり、
屈筋・回内(ドアノブを握って内側にひねる動作)筋群の腱線維の微小亀裂が生じ、
さらに、周囲の線維化や肉芽形成が起こってくると考えられています。

この変性変化は円回内筋・橈側手根屈筋移行部に初発するといわれており、
内側上顆へのストレスが持続すると内側上顆付近に石灰化を伴ったり、
滑液包炎を生じ、より難治性となります。



下の写真は、痛みを引き起こす原因の筋肉の走行の概略を示しています。

これらがすべて上腕骨内側上顆に付着しています。








どんなときに痛みが出るのですか?






物を持ち上げたり、手に力を入れる動作時に疼痛が増強する疾患です。





どうやってこの疾患だとわかるのですか?


以下の様な検査方法などで病態の確認を行います。





治療はどうすればいいのですか?


ほとんどの症例は保存療法で痛みは軽快します。

治療は大きく分けて3つあります。



@ストレッチング療法





A装具療法

わかりやすく言いますと、筋肉の付着部の手前でバンドを締め、
筋肉の付着部の働きをバンド部分で行ってもらうイメージです。

すると、痛みは軽減します。






Bキネシオテーピング





このように、治療を行っていきますが、
手指や前腕の筋肉は日常生活で非常によく使うため、
安静がなかなか取れないので、
痛みが長引く場合もよよく見られます。

このような症状で仕事に支障をきたしたり、
痛みが長期に及んでいる場合などには、
ステロイド注射などを行ったりします。



このような症状でお悩みの方は、
ぜひ当院へ御相談におこしください。



まず、当院で症状を確認させていただいたあとに、
整形外科でも治療が必要と思われる方には、
整形外科への紹介もさせていただきます。




home back