群発頭痛


「群発頭痛」とは、一定の時期に起こり、眼の奥が激しく痛む頭痛です。


群発頭痛はその名の通り、ある一定の時期に、群発地震のようにしきりにおこる頭痛です。

片方の目の奥が「火箸でえぐられるよう」と表現されるほど激しく痛むのが特徴です。

群発頭痛が起きる頻度は1年に1〜2回が一般的です。

しかし、いったん頭痛発作が始まると、それから1〜2カ月の間は毎日のように痛みが起こり、
この期間を「群発期」と呼んでいます。


群発頭痛は人によって発作の起こる時期や時間帯がほぼ決まっています。

なかでも、毎年春先や秋口など季節の変わり目が群発期にあたる人が多く、
就寝後や明け方に起こりやすい傾向があります。




症状は、激烈な痛みのために、発作の最中はじっとしていられず、
動きまわったり、転げまわったりする人が少なくありません。

これは頭部を振るなどして、体を動かした方が、痛みが軽減することが多いからです。

また、頭痛発作時には、しばしば痛みと同じ側に眼の充血や涙、鼻水、鼻づまり、
まぶたの垂れさがりなどの症状が見られます。







群発頭痛は比較的まれな頭痛で、男女比は10〜7対1と圧倒的に男性に多く、
特に20〜30歳代の働き盛りの男性に発症しやすいとされてきました。

ところが、近年では、女性の患者さんが急増しているという報告もあります。

急増の原因として、一説には、女性の生活習慣や、職場環境の男性化、
また、女性喫煙者の増加があげられています。


群発頭痛は、眼のすぐ後ろを走る内頚動脈という太い血管に炎症が生じるために発症することがわかっています。

なぜ、内頚動脈に炎症が起きるのかその理由はまだはっきりしていませんが、
体内時計との関係が指摘されています。

一日の体のリズムを刻む体内時計は、自律神経の調整を行い、
さまざまなホルモンの分泌にもかかわっている脳の視床下部に備わっていて、
夜の睡眠や、朝の目覚めをコントロールしています。

ところが、何らかの理由で体内時計に乱れが生じると、
その情報が視床下部から内頚動脈を取り巻いている三叉神経に伝えられます。

すると、三叉神経はその情報を誤って「痛みの情報」としてうけとり、
炎症物質を放出してしまうのです。

その結果、内頚動脈が拡張したり、炎症を起こしたりして、
それがさらに三叉神経を刺激し、
痛みが発生すると考えられています。

また、ごく近年この三叉神経の大本の三叉神経節に潜在している帯状疱疹ウイルスの再活性化が
発症の引き金になるとも報告されています。


 

群発頭痛の治療

治療は基本的には薬物療法を行います。

薬物療法以外で大切なのは、予防とセルフケアです。


症状は激烈なため、市販の消炎鎮痛薬でおさえることはできません。
医療機関での治療が必要となります。




残念ながら、群発頭痛に対して鍼灸治療は効果がないといわれています。

以下の3つのタイプの頭痛のいずれかに心当たりがあれば、

緊張型頭痛 → 鍼灸院へ
片頭痛 → 鍼灸院または、病院へ
群発頭痛 → 病院へ


の受診を御勧めします。



home back

頭痛のトップへ