緊張型頭痛

緊張型頭痛とは頭全体が締め付けられるような頭痛です。


慢性頭痛の中で最も多いといわれ、成人のおよそ5人に1人がこの頭痛で悩むといわれています。

緊張型頭痛は毎日のように起こりますが、痛みは軽度か中等度なので、
他の種類の頭痛ほど日常生活への支障は大きくありません。

また、一日の中でも午後から夕方にかけて痛みが増す傾向があり、
首や肩のこり、眼精疲労、フワフワとした状態が続くめまい感、全身倦怠などの
随伴症状を訴える方が少なくありません。

片頭痛のように体を動かすと痛みが強まるということはなく、
逆に少し楽になる傾向があります。

また、光や音、においなどで悪化することもありません。


緊張型頭痛は肩から背中にかけての「僧帽筋」、
首から頭の後ろにかけての「後頚筋群」、
頭の両側にある「側頭筋群」など頭の周りの筋肉が収縮することによって起こります。

これらの筋肉が、過剰に緊張すると、筋肉内の血流が悪くなり、
乳酸やピルビン酸などの老廃物が溜まります。


老廃物がたまると、痛みの神経が刺激され、頭全体を金属の輪で締め付けられるような頭痛が生じます。

誘因として、ストレスや長時間のデスクワークなどがあげられます。

長時間にわたって同じ姿勢を続けることはで、肩や頸の筋肉、
ひいては頭の筋肉も緊張するために発症します。

また、悩みや不安が強いために、自律神経の働きが乱れ、
筋肉に栄養を送る血管が収縮することなども引き金になります。

性格的には、神経質で緊張感や不安感の強い人、
気分転換の上手にできない人に多い傾向にあります。


また、男女差は無く、子供からお年寄りまで幅広い年齢層にみられます。

ただし、緊張型頭痛の中には、筋肉の緊張とは関係なく、
うつ病などの心の病気が原因の緊張型頭痛もあります。





緊張型頭痛の治療



治療は運動療法、生活習慣の改善、鍼灸治療が有効です。
以下で、各治療法について見ていきます。






運動療法

運動療法とは、筋肉の緊張をほぐすストレッチです。


ストレッチを行う上で大切なことは、
「筋肉が伸びて気持ちが良い」のを感じることです。

痛いのを我慢して伸ばしたり、
息をとめたりせず、
自分の体の柔軟性に合わせて行います。

予防法として、気分転換が必要です。


以上の様な気分転換の仕方でストレスをためない生活を送りましょう!









生活習慣の改善

肩や首のコリをほぐします。









鍼灸治療

緊張型頭痛に対しては以下のツボに対しての鍼灸治療が有効的です。


頭痛でお困りの方は
以上のことを御参考になさってください。

緊張性頭痛には鍼灸治療がお勧めです!


詳しくは、当院スタッフまで御気軽におたずねください!


home back next