頭痛について



頭痛はありふれた症状で、日本人の3〜4人に一人(3000万人)が頭痛持ちであるといわれています。

また、日常生活に支障のある頭痛を、世界中で最低40%の人が経験するといわれています。


頭痛と言っても、いくつかの種類の頭痛があります。


一次性頭痛とは、いわゆる頭痛持ちの人の頭痛です。
つまり、原因となる疾患が存在しない頭痛です。


二次性頭痛とは、何らかの基礎疾患や原因となる疾患(病態)から生じる頭痛のことです。
原因によっては緊急を要するものであったり、診断を誤ると重篤な状態に陥ったりするものもあります。
二次性頭痛では、原因の除去が重要となります。


二次性頭痛を疑うのは、以下のような場合です。




少し話が変わりますが、「頭痛は遺伝しますか?」とよく質問を受けますが、
それについて簡単に御説明します。

片頭痛は家系内発症例が多く、遺伝因子の存在はほぼ確実です。
しかし、家族性片頭痛など特殊な片頭痛以外には確実な片頭痛の原因遺伝子は見つかっていません。

複数の遺伝子が複雑に関与して、発症するものと推測されています。

群発頭痛も遺伝因子が関与する可能性があります。

一方、緊張型頭痛の発症については、関係する遺伝因子が存在する可能性がありますが、
むしろ、環境因子が強く関係しているものと考えられます。


緊張性頭痛へリンクします。  片頭痛のページへヒットします。  群発頭痛の特徴へリンクします。
 詳しい内容はこちらからどうぞ!  詳しい内容はこちらからどうぞ!  詳しい内容はこちらからどうぞ!





home