Jone's骨折(ジョーンズ骨折)





前足部で見られる骨折の中でも、
難治性といわれているのがJone's骨折です。

これはこの症例を報告したJones氏にちなんで名前がつけられています。

一般には、疲労骨折であると考えられています。

しかし、1回の外力で(捻挫をする感じで)この骨折が生じる場合もあります。

以下で、詳しくご説明していきますので、
どうぞ御覧ください。


   Jone’s骨折とは上の図の○印の部分が痛くなる疲労骨折のことをいいます。

右上の図を見ていただいたら分かるように足の小指側の第5中足骨近位端部の骨折です。
  詳しく場所を説明すると、
第5中足骨近位端部の骨折では、
zoneT〜Vに分けられていて、
zoneU、Vが狭義のJone's骨折といわれています。

その中でもzoneVは
難治な骨折部位であるといわれています。
<なぜJone's骨折は難治性の骨折といわれているのか?> 
  それは左の図を見ていただくとわかると思います。

通常ならば一本の血管がつながっているのに対し、
第5中足骨は、3つの血管が走行していて、
血管が合流する部分に骨折が生じます。

その骨折部位と血管合流部である
血流の乏しい部分が重なるため、
骨の癒合がしにくく、
難治性の骨折といわれているのです。
<Jone's骨折の発生原因> 
  前足部と踵部で地面からの衝撃を受け止め、
第5中足骨を押さえつけることで
底側に張力がかかります。 
  また、踵をあげることで背側に圧縮力がかかり、
強固な靭帯が結合されていない部分で横骨折が生じます。
  左の写真は足のアーチと呼ばれる部分です。

@で表したアーチは「外側縦アーチ」と呼ばれ、
Aで表したアーチは「横アーチ」と呼ばれています。

中足骨はまっすぐな骨ではなく、
左の写真のように丸くアーチ状になっています。

ですので、カット動作などを行う時、アーチがたわみ、
ストレスがさらにかかります。

すなわち、もっとも足の外側にあるために地面からの力を直接受けやすいという条件下にあります。

なので、体重がかかるたびにたわみが起こり、
ギプス固定中も体重をかけることなどができません。

早く復帰したいスポーツ選手などにとっては、
かなりやっかいな骨折といえます
<Jones骨折の分類> 
 
Jone’s骨折のレントゲン写真
 <Lehman分類>

Type1: 明らかな外傷歴や疼痛の既往がない。
     
     骨折線は細く骨硬化像がない。

Type2:外傷や骨折の既往がある。
     
     骨折線は骨新生を伴ったり、骨吸収による透亮像
     
     を伴う。骨硬化があり遷延治癒に類似する。

Type3:繰り返す外傷と再発性の疼痛がある。
     
     骨新生と骨透亮像を伴った広い骨折線で骨髄内
     
     は完全な閉塞を示す。偽関節に類似する。     
 
Jone’s骨折のMRI画像
左の図はジョーンズ骨折のMRI画像です。

矢印の先に黒く写っている部分が
骨折を起こしている場所です。 

レントゲンでは骨折線がわからず、
ジョーンズ骨折を疑う場合にMRI撮影を行い、
早期発見の一助とする場合もあります。



この骨折は、サッカーやラグビーなど、カット動作を行うスポーツをする人によくみられます。

こういうスポーツをしている人で、足の外側に継続した痛みがある方は、
Jones骨折である可能性があるかもしれません。

治療は大きく分けて保存療法と手術療法とに大別されます。

保存療法ではギプス固定を行い、さらに松葉杖で免荷をしなくてはなりません。

手術療法では、骨折部に以下のようなスクリューによる髄内固定を行なったりもします。




いずれの治療法にするかは、患者さんの背景や骨折のTypeによって異なってきます。

Jones骨折であっても、全部が全部手術になるわけではありません。
固定療法で治る場合もあります。

どんな怪我でもそうですが、
早期発見、早期治療が完治への一番の早道です!


home back