肩関節脱臼に対するバンテージ固定
応急処置編
(プリントアウト用ページ)


反復性もしくは、習慣性の肩関節脱臼のスポーツ選手が再受傷の予防を目的に行うテーピングをご紹介してきましたが、
このページでは、肩関節脱臼が生じたときに応急処置として行う固定方法をご紹介します。

肩関節脱臼とは、前方に脱臼する確率が高いといわれています。

その受傷肢位は肩関節、伸展・外転・外旋で起こるといわれています。

ラグビーやアメフト、サッカー、柔道といったコンタクトスポーツで受傷することが多く見られます。

脱臼したときは整復後に、亜脱臼したときは除痛目的に肩関節の固定を行います。

こういった固定はスポーツ現場でよく行われます。



今回はバンテージを使用して固定を行いました。

受傷直後に行う場合はアイシングを間にはさんだりして使用することもあります。


バンテージを行っていく方法を以下で、見ていただきたいと思います。


 
 
 
 
 
 
 
 
 



home back