機能性便秘の中医学的治療法


このページでは機能性便秘の鍼灸治療について御紹介していきたいと思います。

機能性便秘は下の表のように4つに分類できます。

分類名  原因 
@熱秘  「熱秘」と呼ばれる便秘の場合は、腹部膨満、顔面紅潮、体に熱を持つ、口臭、動悸、口渇、舌が黄色くなり渇くなどの症状が出ます。

熱秘の原因としては、辛い食べ物を偏食すると津液(※)を損傷し易く、そのために胃腸が熱をもって乾いた状態になり、熱秘の便秘が起こると言われていますます。熱病により、津液を損傷した場合も熱秘の便秘が起こります。
※津(しん)→陽性の水分。体表を潤し、冷却作用があり、体温調整に関与し、汗や尿として外へ出るさらさらした水分。
※液(えき)→陰性の水分。体内をゆっくり流れる。骨や髄を潤している粘性の水分。

A気秘  「気秘」と呼ばれる便秘の場合は、腹部両脇部の膨満感、げっぷ、口が苦い、舌の苔が薄いなどの症状が出ます。

気秘の原因としては、情志の失調により気機が鬱滞し、そのため調の伝導機能が悪くなると気秘の便秘が起こります。 
B虚秘 「虚秘」と呼ばれる便秘の場合は、便意はあるが出ない「気虚」という状態と、長期の便秘で、コロコロしたウサギの糞のような便になる「血虚」という状態に分かれます。
「気虚」の場合は、排便時に汗が出て息切れがしたり、顔面蒼白になったり、倦怠感が出たり、脱肛し易くなります。
「血虚」の場合には、顔につやがなく、めまいがしたり、唇や爪の色が白くなります。

虚秘の原因としては、病後、または産後で気血が回復しないと、気虚のために伝導無力となり、また血虚のために腸が潤いを失い、虚秘の便秘が起こります。老化により、気血が不足した場合も、同様に便秘が起こります。
C冷秘  「冷秘」と呼ばれる便秘の場合は、お腹の冷え、腹痛、四肢の冷え、腰膝の冷え、頻尿(夜間も含む)、舌が白い、脈が遅いなどの症状がでます。

冷秘の原因としては、虚弱な者や、老人に下焦の陽気が虚すと、そのため温照機能が低下し、陰寒が凝結し排便困難となります。
※下焦(げしょう)→腎・膀胱 



機能性便秘の基本的な治療部位(ツボ)

   



上記のツボに加えて、各症状に合わせてさらに下記のツボに施術を行います。

@熱秘の症状がある方はここをクリックしてください。
A気秘の症状のある方はここをクリックしてください。 
B虚秘の症状のある方はここをクリックしてください。 
C冷秘の症状のある方はここをクリックしてください。 



次回は、実際の患者さんの症例を御覧いただきたいと思います。

請うご期待!

home back