後十字靭帯損傷に対する運動療法





後十字靭帯損傷の受傷機転は、スポーツ活動中などに転倒し、
膝から落ちて膝関節を曲げた状態で下腿全面を地面に強打することで生じることが多いと言われています。



受傷後の外観写真は以下のようです。

このように、靭帯が切れると膝下部分が落ち込んでいることがわかります。

これは後十字靭帯が損傷した時に見られる特徴的なもので、sagging(サギング)といいます。



また後十字靭帯損傷は、レントゲンには写らないので、
確定診断するにはMRI撮影を行います。

MRIでは以下のように損傷部分が描出されます。



治療は、単独損傷の場合はほとんどが装具を用いた保存療法を行います。

このページでは、保存療法で行う運動療法についてご紹介していきます。





運動療法のプロトコルは下記のようになっています。

下の表はある選手の運動療法の一例です。

もちろん、損傷程度や痛みの度合いでリハビリの進行も若干変わります。





それぞれの運動メニューを以下でご紹介します。

各項目について、以下の写真入りの説明で御覧ください。












































これ以外にある程度時期が来れば、アスレチックトレーニングをスポーツ現場で行っていきます。

たとえば、スピードトレーニングや、アジリティートレーニング、クイックトレーニングなど、
実際に走るトレーニングなどに移行して、徐々にレベルを上げていってください。