鵞足炎


鵞足炎の多くは青・壮年期では、スポーツにおいて特にランニングや下肢のオーバーユースによって生じます。


上の図は、右膝を正面から見たものです。

薄筋、半腱様筋、縫工筋が3つ合わせて束になったところを「鵞足」と言います。

脛骨と鵞足をつなぎとめるところは滑液胞と呼ばれるクッション材が存在して腱を摩擦から守ります。

付着部に腱が繰り返し引っ張りあう力が働くことで、鵞足自体が炎症を起こしたり、周辺にある滑液胞が炎症を起こして痛みが生じます。



実際の膝では上の写真のような部分になります。

赤の矢印は膝を曲げる関節の少し下の内側の部分に当たります。

鵞足炎になると、この部分を押さえると、痛みが誘発されます。






なぜ、鵞足炎になるのかというと、ランニングで足を後ろに蹴りだすときや、

サッカーでボールをキックした足を止めるときにはハムストリングに強い負荷が加わります。



以上の動作を繰り返すことで、鵞足炎が生じると言われています。





以上のような原因で痛みが生じることから、治療は大きく分けて3つに分けられます。

1つ目は、患部の鵞足部についている筋のストレッチです。







2つ目は、足底板療法です。

X脚や回内足などの下肢のアライメント異常がランニング時などに距骨下関節の過回内と下腿の過内旋が生じ、
鵞足部にストレスが増大するため、足底板でアライメントの調整を行います。

   
鵞足炎の場合は回内足やX脚のであることが多いので、
踵の内側が高くなるように足底板を処方します。 







3つ目は、運動療法です。

運動療法では、アライメント異常などによって痛みを繰り返さないための動作改善指導などを目的とします。





一見、膝の関節が悪く、半月板が傷んでいるなどと勘違いされて、心配される方もいらっしゃいますが、
よくみれば、半月板の損傷ではないとわかります。

膝の痛みにも、こういった疾患があるので、このページをご覧になって、
思い当たる事のある方は、一度当院へご相談ください。

home back