橈骨遠位端骨折の保存療法に
オイルマッサージをとりいれたリハビリ







以前、橈骨遠位端骨折の病態の説明と、手術を受けた後の患者さんに対して行ったオイルマッサージの症例を御紹介しました。

今回は、近隣の整形外科で橈骨遠位端骨折の保存療法でギプス固定を行った患者さんに対して、
オイルマッサージをとりいれたリハビリを行い、良好な経過を得たため、
それについて御紹介したいと思います。



症例 : 65歳女性 左橈骨遠端位骨折  

スキーに行って、段差ですべり、手をつき受傷されました。



初診時のレントゲンでは、大きな転位もなく、はっきりとした骨折線もわからなかったのですが、
臨床症状より、橈骨遠位端骨折と診断され、ギプス固定を行うことになりました。

ギプス固定は3週間行いました。



近隣の整形外科では、以下のようなギプス固定の工夫をされています。





下の写真は、固定除去直後のレントゲン写真です。

仮骨ができてきたことがレントゲン写真で確認できたので、ギプス固定を除去しました。





ギプス固定は筋萎縮が起こりにくいように工夫されていますが、
それでも、ギプス除去後には、可動域制限や筋萎縮(握力の低下)などは生じてしまいます。

この方の場合にも、可動域制限と筋萎縮が見られました。

そこで、運動療法と合わせてオイルマッサージの治療を行いました。

この方の一番の主訴は、手首を上に反す(背屈)がしにくいことと、力が入りにくいということでした。

オイルマッサージでは、主訴に対して可動域改善と、力を入れ安くするために、
前腕の伸筋・屈筋群と手の平の手内筋にオイルマッサージを行いました。

以下で、オイルマッサージ施術前と施術後の変化を御覧いただきたいと思います。







上の写真は、ギプス除去後、約1か月の時点のものです。

オイルマッサージを行う前と、行った後の手首の反りかえり(背屈)の角度に改善が見られます。







今回この症例を通して御理解いただけたように、

オイルマッサージは、筋肉へのアプローチはもちろんのこと、
オイルを使用することで、スムーズなマッサージ効果が得られるため、
橈骨遠位端骨折だけではなく、色々な骨折後の固定による可動域制限のリハビリテーションとして、
有効な方法であるとお分かりいただけたと思います。

骨折後、可動域制限でお困りの方は、是非一度オイルマッサージをお試しください。

また、骨折後の可動域制限や、筋萎縮などでお困りの方は、一度当院へ御相談ください。




home  back