母指CM関節症に対する装具療法


母指CM関節症とは親指の付け根ある関節の変形性関節症のことです。



 

親指の動きは曲げ伸ばししたり、指腹で物をつまんだり、手を握ったり、手を開いたりとあらゆる方向に指を動かすことができます。

親指の運動の際に支点となる場所が母指
CM関節にあたります。

 

母指CM関節は関節面の形態が不安定であり、関節を安定させるために靭帯があります。

よく手を使っていると関節にストレスがかかり靭帯も緩みが出現し関節に変形が起きます。

変形が起こることによって指を動かすと痛みが生じます。

 




疫学

 

職業的に若い頃からよく物をつまむ動作が多い方に多く、業種との関連性ははっきりしていません。

男女の比率では2:3と女性に多い傾向にあり、40歳以上で閉経後の女性にも多いといわれています。

 




症状

 

親指の付け根に痛みがあり、外観で親指の付け根あたりが腫れている方もいます。

症状が進むにつれて握力の低下につながり、物をつまむ動作ができにくくなります。

また親指を動かした時にギシギシとした(捻髪音)を認めることもあります。

 

痛みが増強する動作

ペットボトルのキャップを開閉する動作、鍵の施錠動作、湯呑を持つ動作、はさみやホッチキスなどの使う時に痛みが強くなります。







 

患者さんの声


 1 文字が書きにくい 2 小銭を取るのに時間がかかる  3  キャップをあける動作がしにくい 
     


そのほかにも、以下のような訴えがあります。

 和バサミが痛くて使えない

 タオルを絞る動作が痛い

 痛くてお箸を上手に使う事が出来ない

など、日常生活での質の低下の声がよくきかれます。



鑑別診断

 

手首の親指側の痛みで、ドケルバン病(手首の腱鞘炎)や、自己免疫疾患で手首などが腫れてしまう関節リウマチなどと区別しなくてはなりません。

 




治療法

 

症状が軽い場合には湿布を貼ったり、親指を使わずに休ませることにより痛みがなくなります。

ですが日常生活で安静にしようと思っていてもなかなか、親指を休めることが出来ません。

そこで固定装具をもちいます。装具は痛みが強い時にもつかいます。

 

そこで当院での固定装具は、オーダーメイドのためすぐに作成できます。

市販品のようにサイズが決まっているものではなく、患者さんの手の形に合わせて作成するため、
緩みがなくジャストサイズの装具を作ることができ、世界で一つだけの装具が出来上がります。
 

装具自体取り外しが可能で、装具を着けていただいた状態でも生活していただくことが可能です。

固定期間は1から2ヶ月ほどで基本的に痛みがなくなるまで着けていただきます。

 

 

動画

 

 




装具の作成は、保険適応外のため値段は3000円になります。

 

気になられた方は、まずはお電話かメールにてご相談ください。

 

 

整形外科にて注射が効かない場合や、固定療法を痛みが取れない場合などは、
手術療法を選択する場合もあります。






home back